ブルガリアローズとは 人、バラの花に出会う | ブルガリアローズの歴史

ブルガリアにバラの花が持ち込まれたのは、17世紀後半。バルカン山脈とスレドナ・ゴラ山脈に位置する谷は、豊かな土壌と温暖で湿潤な気候のため、バラの栽培に最も適していました。この地に根付いたバラは、現在、東西120キロに広がる「バラの谷」を形成し一大生産地となっています。
この雄大な自然の恵みを受けて咲くブルガリアローズは、若さ美しさ、また、健康のシン
ボルとして、人々に「神様からの贈り物」と崇められてきました。


バラは、村々の医者や修道院などの治療に用いられるなど、伝統的な自然薬として人々の暮らしにも息づいて行きました。19世紀初めに「リラの僧院」が発刊した治療ガイドの中に、薬剤としてのバラに関する文献が残っています。各種炎症、眼病、皮膚病、呼吸器系アレルギー、消化器系疾患、経および心臓の治療薬として紹介され使われていたようです。
ブルガリアで香料としてのバラが注目されたのは、第二次世界大戦後の社会主義の時代です。戦後の化粧品産業の成長とともにローズオイルの需要は増大し、それは「ブルガリアの金」と呼ばれるほどの一大輸出品目となり、国家の重要産業に指定され保護されてきました。
以来、
厳しい管理体制の下で世界一の品質を守り続け、ブルガリアのローズオイルは、世界の香料用バラ生産の7割を占めています。

HOME | 会社案内 | ローズストーリー | インフォメーション
商品情報 | 薔薇美容販売店リスト | ブルガリア国立バラ研究所
代理店募集お問い合わせ