バラ便り  |  イベント インフォメーション  |  ブルガリア インフォメーション  |  

   今年のバラの収穫は、花の量も、ローズオイルの生産量も概ね良好との報告が届きました。
        
ただ、オイルコストの増大により その価格は予想したほどには下がっていないようです。

ゆっくりと始まり長く続いた今年のバラの収穫は、 花摘みの労働力確保と 花の価格の変動に一喜一憂することとなりました。 収穫当初、 昨年より 低めだった花の価格は、 その後の市場の強い需要で一気に約1.5 倍に跳ね上がり ました。そして、 花の量が増えた5月下旬、 今度は値を押し下げる状態となり、さらに、 6月に入ると再度値上がり に転じ、 最終的には開始時の8割アップという 水準で落ち着いたようです。
この収穫時の始めと終わりで乱高下を繰り返した花の価格以外にも、今年はオイルコストを増大さ せるいくつかの要因も浮上しています。
「収穫時期半ばに一気に花が咲き昼夜フル稼働で蒸留したためオイルの歩留まり が10〜15%低下した」「ローズウオーターの需要アップによる花の量の増大」「労働者不足による生産コストの増大」 などがあげられます。
こうした影響から、 平年並みの収穫だったにもかかわらず、 今年のローズオイルの価格は昨年並みに近く、 予想したほどには下がっていないというのが現状です。

HOME | 会社案内 | ローズストーリー | インフォメーション
商品情報 | 薔薇美容販売店リスト | ブルガリア国立バラ研究所
代理店募集お問い合わせ