季節の薔薇美容ローズ デュオ コンセプト | 薔薇美容のスキンケアメソッド
 
ローズウォーター“みんなの使い方、あれこれ!” | ローズウォーター実感レポート

 汗による“ベタつき・毛穴の詰まり“ 紫外線による“うっかり日焼け” 冷房による“乾燥”
爽やかに、心地よく夏肌をケアする『ダマスク ローズ ウォーター』

強い紫外線、高温多湿、冷房など、夏の肌環境はとても過酷。夏肌のスキンケアは、「汗対策」「紫外線対策」「乾燥対策」が決め手です。
成分は生バラと天然水だけ。100%天然の「ダマスク ローズ ウォーター」には<抗菌・殺菌作用、抗炎症作用、保湿・美肌成分、生バラの香り>など、天然のバラの薬効が詰まっています。花びらをそのまま肌にのせたような心地よさ。毎日のスキンケアにバラの薬効が息づくローズウオーターを取り入れて、夏を快適に心地よく乗り切りましょう。

◆汗対策   バラの薬効<抗菌・殺菌作用>
「肌のベタツキ」「ニキビ」「毛穴の詰まり」塩分を含む汗をそのまま放置すると雑菌が繁殖しやすくなり、肌トラブルにつながります。汗対策のポイントは、スッキリ!サッパリ!肌を整えることです。
手のひらでなくコットンにローズウオーターをたっぷり含ませて、ポン!ポン!とパッティング。汗でベタツク肌をサッパリ!毛穴もキュッと引き締めてスッキリ!と潤します。また、「抗菌・殺菌作用」は、汗による雑菌の繁殖を抑え、肌を清潔に保ちながら、ニキビ・吹き出物などの肌トラブルも改善します。さらに、ハーブのように優しい生バラの香りは、汗の匂いを爽やかに抑えます。

◆紫外線対策   バラの薬効<抗炎症作用>
紫外線量がピークになるこの時期、UVケアには気を使っていてもうっかり日焼けによるホテリ、赤み、カユミなどの肌トラブルが多くなります。放っておくとシミ、ソバカス、くすみにつながり肌の老化スピードを速めることに。ローズウオーターを冷蔵庫に入れてキンキン!に冷やし、天然のカーマインローションとして使いましょう。冷却効果と生バラ特有の抗炎症作用で日焼けによるホテリを鎮め、赤みやカユミも抑えます。

◆乾燥対策   バラの薬効<保湿・美肌成分>
この時期の乾燥肌の要因は「エアコンによる冷え、乾燥で肌のターンオーバーが乱れる」「深部にまで達した紫外線により乾燥が進む」「汗によるベタツキで乾燥に気づかない」などがあげられます。解決策は “こまめな保湿”と“しっかり保湿”です。
汗、紫外線、冷房。。。。。肌は一日中乾燥にさらされています。いつでもどこでも、乾いたなと思ったらローズウオーターをシュッ!とひと吹き、こまめな保湿を心がけてください。ローズオイルを抽出する際に作られるローズウオーターには、水溶性のオイル成分もたっぷりと含まれています。生バラ特有の保湿・美肌成分は、ゆっくり、じっくりツルツルで潤いのある肌へと導きます。また、ローズウオーターをたっぷりと含ませたコットンパックによるしっかり保湿もおススメです。





“香りと潤い” 内から外から肌を元気にする新生活応援スキンケア
生バラ特有の薬効でゆらぎがちな春の肌を改善する『ダマスク ローズ ウォーター 』

何となくいつもと違う「敏感肌になってしまった、肌がカサつく・ザラつく、赤みやカユミがある、化粧のりが決まらない、ニキビ、吹き出物が気になる」など、春は肌の調子がいつもと違うと感じる人が増えてきます。その要因の一つが新生活による疲れです。入社・移動、引っ越し、新しい人間関係など、環境の変化は、自律神経、ホルモンバランスの乱れとなって肌に表れます。そんな疲れによる“ゆらぎ肌” “ストレス肌”には、心と肌の両面からのケアが求められます。
生ばらの化粧水『ダマスク ローズ ウォーター』の出番です。バラが最も香り高い早朝、ひとつ一つ手で摘みとられるバラの花びらと天然水だけでつくり、そのままボトリングしました。そこには生バラ特有の清らかなバラの香りと保湿美肌成分がたっぷり詰まっています。心にも肌にも同時に作用するスキンケア『ダマスク ローズ ウォーター』で新生活を健やかに乗り切りましょう。

バックナンバー  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)

HOME | 会社案内 | ローズストーリー | インフォメーション
商品情報 | 薔薇美容販売店リスト | ブルガリア国立バラ研究所
代理店募集お問い合わせ