バラ便り  |  イベント インフォメーション  |  ブルガリア インフォメーション  |  

     例年より暖かく雨の少なかった3月、数日マイナス気温となった例年より寒い4月。
       ジグザク気候に見舞われたバラ畑では、収穫に向けて入念な準備が執り行われています。

新緑の季節を迎え、シーズン間近なバラ畑からリポートが届きました。

少ない雨量による乾燥の心配はあるものの、例年になく暖かった3月は順調な生育となりました。一転、4月に入ると4〜5日ほどマイナスにまで気温が下がるなど、寒い日が多くなっています。この寒さと強風の影響による生育の遅れが懸念されています。現在は、最低温度が5〜6℃、最高気温が10〜15℃と少し上昇し、今後は20℃前後まで回復するとの予報を受け、一安心といったところです。

今年は一部で害虫が発生したこともあり、バラ畑では、丁寧な剪定と下草の除去を施すなど、本格的な収穫シーズンに向けての準備が入念に執り行われました。

ジグザグ気候によるバラへのダメージが少し気になるところですが、バラ畑の様相は若葉を育み新しい生命力に満ち溢れています。1年に一度の本格的な収穫時期を目前に、このまま順調な天候が続くことを祈るばかりです。

HOME | 会社案内 | ローズストーリー | インフォメーション
商品情報 | 薔薇美容販売店リスト | ブルガリア国立バラ研究所
代理店募集お問い合わせ